WooCommerceの考え方・使い方 その2

たぶんなんだかんだ、一番深く関わっているのが「WooCommerce」だろう。
ネットショップ、決済の仕組みなので、ウェブサイトを収益性のあるものにしたい、ビジネスにしたいのであれば一番の選択肢だから。

あわせて読みたい
WooCommerceの考え方・使い方 BuddyBossやPeepSoはその豊富な機能を何にどう使うかが大事ですと書きました。 出会い系サイト グループ交流(コミュニティ) だけであればそのままでも十分使えますが...

こちらで、決済の機能を省くことで、見積もりや買い取りサイト、カタログサイトのようにも出来ると書きましたが

WooCommerceには標準で、写真のギャラリー機能や、レビュー機能もあるので、もうブログ記事をコツコツ書くのではなく、そのような記事でさえ、WooCommerceで書いてしまえばいいのではないかと考えたりもします。

WordPressでウェブサービス・ビジ...
検索モリモリ カスタマイズ相談で最も多いのが、複合検索、絞り込み検索機能の強化だ。 そこでこのようなサービスを作成しました。 普通のブログよりも、

こんな感じで複合検索機能もつけることが出来ます。

そんな風に考えたのは

https://7seconds.jp/product/create-review/

このような事ができるからです。

インチキですが、ダミーのレビューを大量に作成できる機能です。
自分はテストサイトにしか使っていません。

記事を書く
複合検索機能
写真ギャラリー
レビュー機能

これが整えば、ポータルサイトと同じと言えます。

マーケットプレイスなどの機能を使えばユーザー参加型にも出来ます。

そして、インチキだけど、気長にユーザーからのレビューを待つのではなく、大量に作成できる

ブログより面白いものが簡単に作れそうです。

昔から、商品カタログや不動産サイトなど、WooCommerceを応用すれば作れるじゃんとおもっていましたが、作るのも伝えるのもおっくうなのでやってませんが、この機能をどう使うかという考え方をするとWooCommerceの活用の幅は広がります。

WordPressソーシャルコミュニティ

WordPressソーシャルコミュニティ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

せっかくウェブサイトを作るなら、デザインだけのLPはもうやめて、サイトそのものが収益を生み出す「ウェブサービス」を作りませんか?GAFAを筆頭に現代の成長企業はみんな「ウェブサービス」です。「有料会員サイト」「LMS」「WooCommerce」の事ならお任せください。

この投稿に最初のコメントを追加してください

目次