SNSソーシャルマーケットプレイスが凄い

マーケットプレイスとは、ショッピングモールのように多くのお店が参加するネットショップです。

Amazonや楽天やYahooショッピングなどがわかりやすい例で、彼らは自社の商品を販売するのではなく、テナント事業で家賃(掲載料)や販売手数料を得るビジネスモデルです。

WordPressを使ったマーケットプレイスについて私は日本ではかなり詳しい、強いと自負していますが、それはずっとデモサイトを作り、日本語化し、実際にテスト、検証を繰り返しているからです。

そして本題「ソーシャルマーケットプレイス」とは何でしょうか?

マーケットプレイスとは多くのベンダー(販売者)が集うものであり、販売者も購入者も会員であるので、そのような環境に、FaceBookのようなSNSの機能を入れて、チャットで相談したり、グループや掲示板で趣味について語り合ったり、交流を深めていこうというものです。

ネットショップ
マーケットプレイス
会員コミュニティ

これらを統合したものが「ソーシャルマーケットプレイス」です。

「WooCommerce」+「Dokan」+「PeepSo」

「WooCommerce」+「Dokan」+「BuddyBoss」

「Dokan」+「BuddyBoss」という統合機能はないのですが「BuddyBoss」専用のテーマを使わず、違うテーマを利用することで実現しました。BuddyBossは専用テーマでしか使えないわけではないです。

WooCommerce
WCFM
Dokan
BuddyBoss
PeepSo

を使いこなせばこのようなサイトが実現します。

是非「ソーシャルマーケットプレイス」を運営しビジネスに発展させてください。

WordPressソーシャルコミュニティ

WordPressソーシャルコミュニティ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

せっかくウェブサイトを作るなら、デザインだけのLPはもうやめて、サイトそのものが収益を生み出す「ウェブサービス」を作りませんか?GAFAを筆頭に現代の成長企業はみんな「ウェブサービス」です。「有料会員サイト」「LMS」「WooCommerce」の事ならお任せください。

この投稿に最初のコメントを追加してください

目次