会員サイトにキャッシュプラグインはご法度

BuddyBossやPeepSoに限らず、会員サイトにキャッシュを管理するプラグインやサーバーの設定には注意が必要です。

ワードプレスの多くのブログではキャッシュプラグインを推奨していますが、例えば「WP Super Cache」や「WP Fastest Cache」などの多くのキャッシュプラグインは、ブログ記事での利用のように訪問者に同じページを素早く表示することを目的としています。会員サイトのように会員ごとにユニークページを表示する場合はキャッシュの必要はありません。

会員ごとのユニークページをキャッシュした場合、キャッシュされた別ユーザーの情報が表示されるなど、大きな事故につながる可能性があります。ログインや登録でエラーを発生させる可能性もあります。

安全な会員サイトを運用するためにもキャッシュプラグインとの併用や、サーバーでのキャッシュ保存をしないことを強くおすすめします。

更新したのに反映されない、何か動作がおかしい時、そのほとんどの理由はプラグイン同士の干渉やキャッシュプラグインの影響です。キャッシュプラグインは削除しても解決しない時もあります。設定の残骸がサーバーに残っていたりするからです。

みんなキャッシュプラグインが大好きですが、ただの会社サイトやブログではなく会員サイトを運営する場合は注意してください。

WordPressソーシャルコミュニティ

WordPressソーシャルコミュニティ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

せっかくウェブサイトを作るなら、デザインだけのLPはもうやめて、サイトそのものが収益を生み出す「ウェブサービス」を作りませんか?GAFAを筆頭に現代の成長企業はみんな「ウェブサービス」です。「有料会員サイト」「LMS」「WooCommerce」の事ならお任せください。

この投稿に最初のコメントを追加してください

目次